電話0120-836-866

最寄駅京都市役所前駅直結 診療時間土曜も診療・平日・土曜夜8時まで

無料メール相談

24時間WEb予約

根管治療

  1. HOME
  2. >
  3. 根管治療

歯の根の治療は「繊細」を極めます。
適切な治療法を選択することで、
可能な限り再発を防ぎます

当院で行っている「無菌」根管治療

根管治療でお悩みの方は多くいます。
治療しても再発を繰り返してしまうためです。

根管治療は歯よりも小さい、歯の神経の管の治療となりますので、とても難しい治療となり、感染部位を取り残してしまうと再発のリスクが高まります。

そのため、いかに感染部位の取り残しをなくすかがポイントになります。
以下、当院の取り組みをご紹介します。

当院で行う根管治療の特徴

特徴1「ZOO」の利用

zoo

唾液には細菌がたくさん入っており、治療部位に唾液が入ってしまうと再発の可能性が高まります。それを防ぐのが、ZOOです。ZOOとは、治療部位に唾液が入り込まなくするための道具です。

特徴2根管内をキレイに洗浄・殺菌する「EDTA」「3mix」の利用

根管の治療をすると、「削りカス」が生じます。
このカスの中にもたくさんの細菌が入っていますので、しっかり除去しなければなりません。そのために利用するのがEDTAや3mixです。

  • EDTA
  • 3mix

これらを利用することで、カスを溶解・殺菌が可能になり、再発防止となります。

ジロソニックプラス

その他、汚れをしっかり除去するため「ジロソニックプラス」という機器も利用します。

この機器で根管内をクリーンな状態にし、病気の再発を防ぎます。このような機械的洗浄で根管内に残った不要な物質を取り除けるのはジロソニックだけと言われています。

特徴3殺菌作用と歯の組織再生効果のある「MTAセメント」の活用

MTA

根管内をクリーンにした後、根管内を埋める工程があります。
ここで利用するのがMTAセメント

単に埋めるだけでなく、精密に埋めることができるため、細菌が後から入ってくることを防ぐことができます。その他、「再生を促す効果」も持ち合わせていますので、予後が非常によくなります。

コラム成功率を高める、
根管治療と「被せ物」の関係性

被せ物

根管治療の成功率は、根管治療だけで高められるものではありません。根管治療後には、支台を入れ、その上に被せ物をいれる工程が入ります。

この被せ物の「精度」も再発させないためには非常に重要になります。

その理由を簡単に説明すると、歯と被せ物は本来別々のものですので、どうしても境界部分に隙間が生じます。精度の低い被せ物(保険)ですと、その隙間から細菌が入り込み、再発の原因となります。しかし、高精度の被せ物(自費)ですと、利用できる材料も保険と異なりますので、この隙間をぴったりと埋めることができ、細菌の入り込む余地をなくすことができるのです。

アメリカの大学でとられた統計では下記のようなデータが出ています。

根管治療の
精度
被せ物の
精度
成功率
パターン
〇高い
精密度
〇自費の
被せ物
91.4%
パターン
△中度の
精密度
〇自費の
被せ物
67.6%
パターン
〇高い
精密度
×保険の
被せ物
44.1%
パターン
×低い
精密度
×保険の
被せ物
18.1%

端的にお伝えすると、保険治療では成功率が下がり、様々な素材や治療法を選択できる自費治療では成功率が高まるということです。再発を防ぎたい方は、精度の高い治療ができる方をご選択ください。

CT

また治療精度を高めるため当院では「CT撮影」をケースによっては行います。

CTとは三次元立体画像撮影装置です。一般に利用されているのは「二次元」のレントゲンで、そのレントゲンよりも高精度の画像診断ができます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒604-0924
京都市中京区河原町御池 京都ホテルオークラB1F

tel0120-836-866

time土曜も診療・平日・土曜夜8時まで

無料メール相談

WEB予約

診療時間
10:30〜12:30
15:00〜20:00

△ 土曜日の午後診療は14:00~20:00となります。

症例集

当院の症例をご紹介いたします。詳細は症例集をご参照ください。

治療費

自費治療費をご紹介いたします。詳細は治療費をご参照ください。

このページの先頭に戻る