電話0120-836-866

最寄駅京都市役所前駅直結 診療時間土曜も診療・平日・土曜夜8時まで

無料メール相談

24時間WEb予約

虫歯

歯医者は怖い・痛い等のマイナスイメージがあります。しかし、そのようなイメージは払しょくされつつあります。その一番の理由は「治療時の痛み」。当院では様々な工夫をして痛みを軽減させています。また、しっかり患者様の話を伺い、やって欲しいこと、やって欲しくないことなどを事前にお伺いし、可能な限り患者様の意向に沿った治療を行っています。 虫歯を放置していても悪化するだけです。可能な限り早期に来院頂き、治療後は虫歯にならない予防にシフトしていくことが大切です。

当院での虫歯治療のこだわり

  • 痛み」を最小限にする
  • 削る量」を最小限にする
  • 歯の神経」を残す
  • 抜歯」を回避する

虫歯の進行段階と主な治療内容

虫歯の進行段階によって、治療する内容は異なります。
患者様の歯の状態を診察し、必要があればレントゲン診断などの検査をします。虫歯の状態をご説明し、患者様のご要望をお聞きした上で、治療方法を決めていきます

C1歯の表面(エナメル質)の虫歯

初期の虫歯です。痛みや滲みなどの自覚症状はまだ感じません。虫歯に感染した部位を少し削りレジン(プラスチック)という白い素材で削った部分を埋める処置を行います。 ケースによっては何もせず経過観察をしながら再石灰化を待つ判断をすることもあります。

C2歯の象牙質まで達した虫歯

虫歯が象牙質まで達すると、痛みや滲みるなどの自覚症状が出始めます。虫歯の状態によって治療方法や材料が異なります。多くは初期虫歯で利用したレジン(プラスチック)を詰めるか、インレーと呼ばれる詰め物を利用します。詰め物には保険適用の銀歯があり、目立つのが嫌な方は白い素材のセラミックを選択することもできます(自費)。

C3歯の神経まで達した虫歯

虫歯が神経まで達すると我慢できないくらいの痛みが生じます。この状態で歯医者に駆け込む人も多く見受けられます。虫歯が神経まで達してしまうと、基本的に歯の神経を除去する必要があります。神経を除去した後は神経が入っていた根管内を綺麗にする根管治療を行い、その後、コアと呼ばれるものを入れ被せ物を装着します。被せ物には保険が適応される素材と、保険外の素材があり、担当医と相談しながらどれにするかを選択します。

C4歯がほとんど解けてしまった状態の虫歯

歯の部分はほぼ溶けてなくなっている状態です。この状態になると痛みは軽減します。抜歯が必要となり、代わりとなるブリッジ、入れ歯、インプラントの治療に移行します。痛みが少なくなるため、そのまま放置する方もいますがそれは非常危険です。骨髄炎と呼ばれる症状を引き起こすためです。痛みが治まってもそのまま放置せず、必ず歯科医院で抜歯の処置を受けてください。

当院が虫歯治療で重視しているポイント

虫歯治療というと「痛い」「削るのが怖い」というイメージから、恐怖感や不快感、不安感をもっている方が多いと思います。
当クリニックの治療では、使用する治療器具や薬品などで様々な工夫をすることにより、このような患者様の不快感や不安感を軽減することができます。

患者様の気になる項目をクリックしてご確認下さい。

麻酔時の痛みを「最小限」に抑えた歯科治療

歯科治療で痛みを感じる主な理由は、治療前の「歯科麻酔」をする際の痛みです。当院では様々な工夫をし、麻酔液を注入する際の痛みを可能な限り軽減させる取り組みを行っています。患者様によっては「全然痛みを感じなかった」とおっしゃる方もいるくらい、痛みが軽減されます。

POINT1表面麻酔(歯肉に麻酔液を滲み込ませます)

表面麻酔

注射をする前に注射針を差し込む歯肉に表面麻酔るすることで、注射時の痛みを軽減させます。表面麻酔後は、じんわりと温かみを感じながら、徐々に、感覚がなくなっていきます。

POINT2痛みを軽減する非常に「細い針」

極細の針

細い針を利用することで、注射時の痛みを軽減します。針は細ければ細いほど、痛みは軽減されることが分かっています。現在利用でいる歯科用の針の中でも細い針を当院では利用しています。

POINT3注入スピードを一定に保つ「電動麻酔注射」

電動麻酔注射

麻酔液の注入スピードが速いと痛みの原因となりますので、ゆっくりとした、そして一定の速さで注入できる電動麻酔注射を利用します。

可能な限り「削らない」虫歯治療

歯を削れば削るほど「歯の寿命」は短くなります
そのため、いかに削る量を最小限に抑えるかが大切になります。
当院で行っている削る量を最小限にする工夫をお伝えします。

POINT1.「超極細ドリル」で削る範囲は必要最低限にします

超極細ドリル

歯を削るドリルをバーというのですが、太いバーを利用すると大きく歯が削れ、小さいバーを利用すると最小限の削りですみます。そのため、繊細な部分を削る際は小さいバーを利用します。

POINT2.感染した部分を赤く染めてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

虫歯に侵された部分を赤く染める薬剤を「う蝕検知液」といいます。
これを利用することで、感染部位のみ削ることが可能になりますので、健康な歯までも削ることを防止します。

POINT3.手の力で感染部位を除去する「スプーンエキスカベータ」

スプーンエキスカベータ

歯を削る際は専門の機械を利用しますが、当院では最後の仕上げとして、「手動」のスプーンエキスカベータを利用します。虫歯に侵された部分は非常に柔らかくなっており、手の力でも除去することができます。機械で一気に削るよりも、手動で行うことで、健康な歯までも削り取ってしまうリスクを軽減させます。

可能な限り「歯の神経を残す」虫歯治療

ドッグスベストセメント

歯の神経が虫歯に侵されてしまうと「抜髄」という作業が必要になります。
歯の神経は歯に栄養を与える役割を担っているため、抜髄してしまうと、歯に栄養が行きわたらず、歯がもろくなってしまいます。

それを防ぐため当院では「ドックスベストセメント」というものを利用します。
この薬剤を塗布することで、感染部位を無菌化できるため、抜髄せずに治療できる可能性が高まります

可能な限り「削らず・神経を守る」ドックスベストセメント

削らず・神経を守る

従来は虫歯に感染した部分を除去する治療が虫歯治療でしたが、ドックスベストセメントを利用した治療はすべてを削り取るのではなく、ドックスベストセメントに含有されている成分で虫歯菌を殺菌し、歯の再石灰化をさせる治療となります。そのため、削る量も少なくでき、かつ、もちろんすべてではありませんが、歯の神経を除去せずに治療ができる可能性が高まります。

可能な限り「抜歯しない」虫歯治療

エクストリュージョン法

通常「抜歯です」と言われるケースであっても、抜歯せずに治療できる方法があります。
それが「エクストリュージョン法」といいます。矯正治療の一種になりますが、歯茎の中にある根を引き上げ、被せ物を装着する土台とします。

エクストリュージョン法

この方法もどの医院でも対応しているわけはありません。
抜歯と言われてしまった方。諦めずに、一度ご相談いただけたらと思います。

治療後の状態を、「可能な限り長く持たせる」ために

院長

虫歯はなってしまうもの・・・・。
このようにお考えの方が多くいらっしゃいます。

これは誤った考えです。

虫歯になってしまう原理、そして、ならないための対策というものが存在しています。
それをしっかり行うことで、虫歯予防ができます。

虫歯予防は難しいことではありませんが、多くの方がその「知識・習慣」がないために、虫歯治療を繰り返し、高齢になると入れ歯などの運命をたどっていきます。

当院にお越しいただいている方には、そのような運命をたどっていただきたくない。

当院では虫歯予防の知識等をしっかりお伝えいたしますので、一緒に虫歯にならない口腔環境を作っていきましょう!

虫歯治療後の詰め物・被せ物の種類

詰め物・被せ物には様々な種類があります。

  • 詰め物・かぶせ物
  • 詰め物・かぶせ物
  • 詰め物・かぶせ物

銀歯やセラミック、ジルコニア、メタルボンド等々。
それぞれメリット・デメリットが存在しますので、医院にてしっかりご説明いたします。

詳しくは白い詰め物・被せ物または治療費をご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒604-0924
京都市中京区河原町御池 京都ホテルオークラB1F

tel0120-836-866

time土曜も診療・平日・土曜夜8時まで

無料メール相談

WEB予約

診療時間
10:30〜12:30
15:00〜20:00

△ 土曜日の午後診療は14:00~20:00となります。

症例集

当院の症例をご紹介いたします。詳細は症例集をご参照ください。

治療費

自費治療費をご紹介いたします。詳細は治療費をご参照ください。

このページの先頭に戻る