可能な限り「痛くない・削らない」虫歯治療|ドックスベストセメント|キョ―ト矯正・審美歯科|京都市役所前駅すぐ。夜8時まで。

医療法人社団 孔雀会

キョート矯正・審美歯科

メールでの診療予約、無料相談はこちら

京都市役所前駅直結

土曜も診療・平日・土曜夜8時まで

キービジュアル

可能な限り「痛くない
可能な限り「削らない
可能な限り「歯の神経を残す
可能な限り「抜歯しない
治療を実践。

一度治療した歯は、再発させない

このような強い想いで
治療を行っています。

可能な限り「削らず・神経を守る」ドックスベストセメント

削らず・神経を守る

ドックスベストセメント

従来法と異なり、歯の削る量を最小限に抑え、可能な限り歯の神経を守る画期的な治療法、ドックスベストセメント。歯を多く削りたくない方、歯の神経を残したい方、ご相談ください。

あなたにとって「重要視」したいことは何ですか?

虫歯治療は「痛い」「歯を削る」「歯・神経を抜く」治療が伴います。
当院ではこれらのことを、可能な限り負担を少なく、そして最小限で対応しております。

下記項目で興味があるボタンを押してご確認下さい。

可能な限り「痛くない」歯科治療

今は、歯科治療も進歩し、昔のような「痛い」「怖い」といった歯医者のイメージは払しょくされつつあります。痛みを「ゼロ」にすることはできませんが、可能な限り痛みを抑える治療が可能になっています。当院が行う「可能な限り痛くない」治療をご紹介します。

Step1表面麻酔

表面麻酔

多くの患者様が最初に嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。しかし、その痛みも、事前に注射する箇所に表面麻酔を歯肉にしみこませることで注射時の痛みを無くします。多くの医院では、この処置をせずに麻酔を打つことが多くあるため、虫歯治療=痛いの原因になっています。

Step2「極細の針」を使用

極細の針

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。
当院では現在発売されている中でも一番極細の針(33G)を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

Step3電動麻酔注射の利用

電動麻酔注射

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切となります。そこで当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し痛みを最小限に抑える工夫をしております。

可能な限り「削らない」虫歯治療

虫歯治療をする際には、虫歯に感染した部分を削ります。
しかし、これまでの虫歯治療では、虫歯に感染していない部分までも削ってしまうことが多くありました。

歯は削れば削るほど、もろくなります。
そのため、必要最小限に抑えることで、歯の寿命を延ばすことが可能になります。

どのようにして、歯を削る量を最小限にしているのかをご紹介します。

こだわり1.必要最低限の部分のみしか削らない「超極細ドリル」

超極細ドリル

歯はバーと呼ばれる「ドリル」で削ります。このドリルが太ければ歯は大きく削れますし、細ければ細いほど必要最小限の歯しか削らずに済みます。当院では、現在利用できるドリルの中で一番細いドリルを利用し歯を削りますので、健康な歯までを削ることはありません。

こだわり2.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。そのため、虫歯でない部分を誤って削ることはありません。また、虫歯感染部分を正確に除去できるため、感染部位の取り残しによる再発の危険性も防止することができます。

こだわり3.感染部位をしっかり見極められる「スプーンエキスカベータ」

スプーンエキスカベータ

歯を削る際、機械だけではなく「手の感触」で感染部位を見極め、丁寧に除去する工程も踏んでいます。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっていますので、手の力でも除去することができます。

「なぜ機械ではなく、手の力で感染部位を除去する必要があるのか?」

このように思われるかもしれません。
理由は、機械を利用すると健康な歯までも削ってしまう可能性があるためです。

機械の方が治療効率も上がりますので、治療時間は短縮できます。
しかし、健康な歯までも削ってしまう可能性があります。

当院の基本方針は「ご自身の歯を可能な限り長持ちさせる」ことですので、治療時間の短縮ではなく、できるだけ健康な歯質を残すことに重きを置いています。

通常よりも少し時間はかかってしまいますが、「健康な歯を可能な限り残す」という当院のこだわりとお考えください。

可能な限り「歯の神経を残す」虫歯治療

歯の神経を残す

当院では「ドックスベストセメント」と呼ばれる医療先進国のアメリカで開発された、従来の虫歯菌を削って治すという発想とは全く違う、「可能な限り歯を削らないで薬で殺菌する」という画期的な治療法を取り入れています。

この治療の良いところは、歯の神経まで感染した虫歯でもドックベストセメントを虫歯に塗布することにより、虫歯になっている部分を無菌化し、神経を残したまま詰め物を入れることが可能となり、さらに、歯、本来の再生力を取り戻させ修復します。

可能な限り「抜歯しない」虫歯治療

エクストリュージョン法

虫歯が過度に進行してしまった場合、通常は抜歯の運命を辿ります。しかし、「エクストリュージョン法」を活用することで、ケースによっては抜歯せずに歯を残すことが可能になります。

この方法は、歯根廷出術とも言い、矯正治療の1つです。
歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させることにより、かぶせ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。

エクストリュージョン法

エクストリュージョンを行っている医院は多くありませんが、当院では多くの治療実績があるため難しい治療だとは考えていません。「歯を抜かなければいけない」とされる状態でも、この治療法を用いれば、歯を残せる可能性があり、歯を残すために有効な治療法です。歯をなるべく残したいとお考えの方は、一度、当院までご相談ください。

治療後の状態を、「可能な限り長く持たせる」ために

当院の目指す歯科治療は「10年後も20年後も健康でいられるお口を創造する」ことです。

方法は様々ありますが、特に当院が重要視していることは、「過去・現在」どのような治療をしてきたのか、そしてどのような生活習慣が原因で治療することになってしまったのかをしっかり探り分析することです。

そして、「過去・現在」の状況を理解し、「未来」の理想の状態から逆算して現在の治療を行うことが大切になります。

私たちは「歯のプロ」です。
過去と現在の状況が分かれば、今後、お口の状態がどのようになっていくかを見通すことができます。例えば、「このままいけば、次はこの歯がダメになってしまう」「この歯はあと○年で問題が出てくるだろう」などですね。

院長

お口の中は非常に繊細なバランスの上で成り立っていますので、ある部分が悪くなってしまった原因はその歯だけにあるのではなく、その他の歯が原因だったり、噛み合わせの不調和で悪くなってしまう事もあります。そのため、当院では問題のある歯だけを診ることはしません。お口全体を包括的に診断し全体的にバランスのとれた治療を行います。

「木を見て森を見ない」治療ではなく、「木見て森見る」治療ですね。

このようなスタイルの診療を当院では行っているため、時には患者様が求めている治療以上のことをご提案することもあります。これは「10年後も20年後も健康でいられるお口を創造する」ためにはいずれ必要となる治療であるとご理解ください。

虫歯治療後の詰め物・被せ物の種類

詰め物・被せ物には様々な種類があります。

  • 詰め物・かぶせ物
  • 詰め物・かぶせ物
  • 詰め物・かぶせ物

良く知られているのは、先ほどお伝えした「銀歯」と呼ばれているものですね。
これは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、
「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。
当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。

詳しくは白い詰め物・被せ物または治療費をご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談

インターネット予約

電話でのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

0120-041-402

〒604-0924
京都府京都市中京区一之船入町537-4
京都ホテルオークラB1

地下鉄東西線「京都市役所前駅」直結

診療時間
10:30〜12:30
15:00〜20:00

△ 土曜日の午後診療は14:00~20:00となります。

症例集

当院の症例をご紹介いたします。詳細は症例集をご参照ください。

治療費

矯正治療費をご紹介いたします。詳細は治療費をご参照ください。

このページの先頭に戻る